Surpass Hotdogg Stand -owners interview No.2-

by Masahide Watanabe
2021.11.18 | NEWS

こんにちは。Delicious Online Store Staffの渡邉です。

前回の-owners interview No.1-に引き続き、Surpass HotDogg StandのオーナーPeanuts氏に、今回新たにリリースされたアイテムのデザインについてお話を聞いてきました。

第一弾インタビューありがとうございました。
今回、Surpassの新作アイテムがリリースされましたが、それぞれのデザインについてまたお話を聞かしてください。
まず最初に、コーデュロイのシャツジャケットについて教えてください。

P氏…このシャツジャケットは、春にDeliciousでリリースしたシャツジャケットをベースに形をデザインしました。生地は以前にリリースしたハットと同じ、格子状のコーデュロイを使っています。

-コーデュロイといえば、細畝だったり、太畝だったりが主流の中、この格子状にした理由はあるんですか?

P氏…一番の理由は、この格子状のコーデュロイが好きだからですかね。
着込んでいくと、どんどん馴染んできて雰囲気が増していく。そういうところが素直に良いなと思ったのでこの生地にしました。

-なるほど。自分の好きな生地を使う所が凄く良いですね。他のディテールも何か拘ったところもあるんですか?

P氏…フーディーと着た時にも、首元が苦しくならずに着れるように上部のボタンの間隔も拘りましたね。

-上の2つの間隔が狭くなっているんですね。

P氏…そうです。上の2つを開けてもらうと普通のシャツよりも広く開きます。シャツ単体で着た時には、開襟スタイルでも着れますよ。

-Pさんのオススメの着こなしオススメは?

P氏…コーチジャケット感覚で着てもらいたいので、フーディーとのレイヤードですかね。もちろん暖かい時期は、Tシャツにサラッと羽織るのもカッコ良いです。

-ありがとうございます。次はフーディーのデザインについて教えてください。

P氏…このフーディーは「POWERS」のデザイナーを務める、『Eric Elms』にデザインしてもらったロゴを大きくバックプリントにしました。

『Eric Elms』
ニューヨークのブルックリンに拠点を構えるアートディレクター兼ヴィジュアルアーティスト。 自身で立ち上げたデザインスタジオのPartners & Othersの活動においてStussyやNikeなど様々なブランドのクリエイションに携わってきました。 アーティストとしてもニューヨークや東京、マイアミ、シドニー、パリなどの都市で個展を開催するなど多方面に活躍している。

-大きいロゴが存在感あってカッコイイですね。

P氏…ロゴももちろん注目なんですが、このフーディーのボディは、僕が好きなLos Angels Apparelを使用しています。身幅も広めに取られていてフーディーの内側にも着込んだりする事もできます。

-しっかりしたボディのフーディーこれからの季節に良いですね。

P氏…起毛していて暖かいので、ガシガシ着ていって欲しいですね。

-ありがとうございます。次はこのギアケースについて教えてください。

P氏…これはホットドッグを包む時に使うスリーブをモチーフに作りました。
充電器を入れたり、工具を入れたり、筆箱にしたり、いろんな使い方が出来るギアケースです。
一人くらいは、本当にホットドッグを入れる人がいても良いんですけどね…(笑)

-色々な使い方ができるギアケースですね。是非、ホットドッグを入れにお店に来てほしいですね(笑)
では、最後に個人的に僕も愛用させてもらっているコインケースについて教えてください。

P氏…これは普段、ディッキーズを履くことが多いのですが、その時ポケットに丁度良く入る大きさが良いなと思って、この大きさのコインケースを作りましたね。

-なるほど。このコインを入れる方の形が特徴的ですが、これにはイメージがあるんですか?

P氏…三角形にしたのは、アメリカ・ドル紙幣にまつわる都市伝説を元にしてデザインしました。
ここで説明すると長くなるので、気になる人は是非調べてみて下さい。

-そういった都市伝説なども好きなんですか?

P氏…結構好きで、よく調べたりしてますね。

-そうなんですね。他の都市伝説についても聞きたいですが、是非これは直接、店頭でPさんに聞いてもらうとして、コインケースの話に戻りますね。では、他にデザインで拘ったところはありますか?

P氏…マグネットなどを付けて閉じれるようにしようと思ったりもしたんですが、カードなどが磁気不良になったりするので避けました。ゴムとかで止める事も考えたんですが、カッコ悪くなりそうだったので、あえてこのままにしました。
コインと入れると自然と重さで、二つ折りになってくれます。

-僕も使っていて、自然と二つ折りになって使い勝手が凄く良いです。

P氏…お札も入れる事ができるので、ミニマムな財布としても皆さんに使って欲しいです。

-ありがとうございます。ここまで新作アイテムについて聞いてきましたが、次回作などについても皆さん気になるところだと思います。
話せる範囲で大丈夫ですが、今後のアイテムリリースなどは何かあるんでしょうか?

P氏…本来はメッセンジャーバッグも、ギアケースとかと同じコーデュラナイロン生地で一緒に作ろうと思ったんですよ。
で、メッセンジャーバックを作って出た歯切れの生地でギアケース、コインケースを作ろうとしたんですが、メッセンジャーバッグは違うアイデアが浮かんで、今回はこの2つになった感じです。

-なるほど。では近々何かしらの情報が?

P氏…そうですね。断言は出来ないですが、リリース情報があるかもしれません。
詳しい情報はInstagram(@surpass_hotdogg_stand)や、新しく出来たSurpassのウェブサイト(surpass-hotdogg.com)をチェックしてもらいたいです。

-今後のリリース情報にも注目していきたいですね。
Surpassのウェブサイト見ましたが、すごくカッコ良かったです。

P氏…元々、ホットドッグのメニューが分かりやすいものを作りたいと思ったところから、今回のデザインになりました。是非、一度皆さんも見てみてください。

-ありがとうございます。最後になりますが、何か皆さんにお伝えする事はありますか?

P氏…ウェブメディアのmastered 一週間スナップ(11/8〜)に掲載して頂いております。そちらの方もチェックを宜しくお願いします。

Surpass HotDogg Stand Brand Page

Delicious Online Store

Delicious Sendai
TEL +81 22,398,3533