“EACHTIME.” “TIMERES” “EZ DO” for Delicious Special Item!!!

2018.07.13 shimiken

instaから多数お問い合わせをいただいておりましたが、ようやく情報公開。

今回は“EACHTAIME”を手掛けるITAMI氏が擁する“TIMERES”“EZ DO”とのコラボレーション。

前々から何か一緒に作りたいよね、って話はしてきた中で、今回ようやく実現する事が出来ました。

一見、共通点がないように思われますが、どちらも仙台ローカルが拠点です。
共通の知人がいたり、イベントやお酒の席だったり何かと一緒になる機会が多々ありました。

お互いローカルで自分の求めるものを追いかけてきた者同士、リスペクトする部分が沢山あって良い刺激を貰ってきました。

キッカケはささいなものだったかと思いますが、互いにGOサインが出てからはすごく早かったです。
色々と想いは詰まりまくってますんで、詳しく知りたい方は僕らかITAMI氏に聞いてください。

本日から店頭・オンラインともに発売開始です。
数に限りがありますのでお早めに!

【コラボアイテム購入ページ】

まずはCORDURA POLYESTER CANVASを使用したビッグサイズのDAYPACK。
このタイプのBAGはけっこう見かけると思いますが、多数の拘りが詰まってます。

フロントポケットに配置した”TIMERES”と”Delicious”のタグ、ポケットスライダーのカラーなど、シンプルな中にほんの小さなアクセント。

BAG自体が大きいと小柄な女性やなで肩の方が背負うとずり落ちちゃう事もあるので、ショルダー上側の間隔をやや狭くしてバランスをとってます。

機能面では両サイドにメッシュポケットを配置してます。
折り畳み傘やドリンクのホルダーとしても、すぐ取り出したいモノを入れてもOKです。

フロントのポケットはやや大きめに設定し、内側には小分けのサブポケットが。
ポケットが大きいので何でも入りますが、その分ポケット内でグチャグチャになってしまう事も多いかと。
その問題点を解決するべくサブポケットを採用しています。
カードケース類や鍵などあまりバラバラにしたくないものが収まりやすいサイズになっています。

メインのポケットを開けると、こちらにもサブポケットを採用してます。
フロント同様、大事なものはここに入れつつ、モノを探すストレスの軽減にも繋がります。
下側に付いているサブポケットには書類やノートPCなどを入れやすいサイズに設定してます。

もう1点のSHOULDER BAGもCORDURA POLYESTER CANVASを使用。
よく見かけるものよりも、やや丸みのあるカタチが特徴です。

フロントのタタキタグと内側には”TIMERES”のタグを配置。
サイドに取り付けたグリーンのピスネームもポイントです。

フロントポケットの他に背面にも、もう1つポケットを採用してます。
ここには携帯だったり、カードケースなどを入れておくと便利かと思いますよ。

もちろん、メインとフロントポケットには小分けのサブポケットも。
小さいサイズながら、キチンと小分けにも配慮した作りになっています。

ショルダーのストラップは取り外しも可能なので、取り外してBAG IN BAGとしても使用可です。
旅行や出張時には各BAGの中に収めておいて、出先でちょっと出歩く時にショルダーとして使えます。

それぞれ単品で使っても最高、セットで使ったらもっと最高です。

そして、何よりも1番スゴイのが、全て”TIMERES”のデザイナーのハンドメイドというところ。
普通だったら工場で担当が分かれて作業するようなものなのに、自身のアトリエでパターンから縫製まで全ての工程を1人で行ってくれています。
こんな事をやってくれる人はどこを探してもいません。。。

そしてインパクト大なプリントボーダーTシャツは”EZ DO”の人気アイテム。
そちらのデザインを使った、Deliciousだけのスペシャルカラーになります。

約7cm幅のボーダー柄を前、後ろ、袖前、袖後ろと部位を分けて手刷でプリントしてます。
こちらは通常のシルクプリントと比べてかなり手間が掛かります。
Tシャツのサイズが変わる毎に刷る位置を計算しなければならないし、何よりプリントの範囲が大きいので均一にインクを載せるのも大変なんです。
こんな大変な事は熟練した職人さんしか出来ないし、出来たしてもほぼ断られます、、、

それを可能にしてくれたのが、AZOTHさん。
僕らも、ITAMI氏も付き合いの長いプリント工場さんですが、スキル、センス、何よりプロとしてのプライドがスゴイです。
このTシャツにはAZOTHさんの情熱も詰まりまくった、いわば仙台ローカルのトリプルコラボです。

そして、この時期に欠かせないアンクルソックス。
履き心地にもこだわった仕様です。

Tシャツのカラーを一部採用し、それをフットパネルの切り替え部分に使用してます。
そしてつま先には”EACHTIME”、アンクルには”DLCS”の織りロゴを配置。

これって靴を履いちゃうと、全くデザインした部分が見えないんです。
ソックスを履いてる本人にしかわからない、とても天邪鬼なデザイン。

長文になっちゃいましたが、まだまだ説明しきれてないです。
先にも書きましたが、詳しく聞きたい方はお店に来てくださいね。

それぞれ数に限りがありますんで、お早めにどうぞ!

【Delicious Online Shop】

お問い合わせなどはメール、もしくは下記にお電話下さい。

Delicious
980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1-11-12
TEL:022-398-3533
mail:shop@dlcs.jp