Delicious Style 114.

2016.11.25 Hiroyuki Sano

全国的に冬将軍の到来ですね。
東北地方だとダウンジャケット一辺倒になりがちですので、こういったジャケットを1枚持っておくと重宝しますよ。
中綿入りのSwing Topってありそうで、なかなか見つからない。
ってか、Swing Top自体が久々って方も多いんじゃないでしょうか?
20年前は3人に1人は友達で着ているほどの確率だったと記憶してるんですが、今は昔ですね。
懐かしさもあり今回気合い入れてDeliciousらしく作り直しました。
きっと皆さん気に入ってくれるはずだと思います。
Chambrayの事も書きたいんですが、またの機会にしておきます。
ぜひ店頭で。

01
Model : 171cm / Jacket : Delicious Swing Top Oil Jacket (Thinsulate Ex-Soft) (Small) / Shirts:Delicious Pullover Chambray Shirt(Small)/ Shoes : Delicious Milspec Room Shoes-Type B

Delicious Style 113.

2016.09.20 Hiroyuki Sano

なんかずっと雨続きで最近寒いですね。
秋の雰囲気なく、このまま寒くなっちゃうんだろうなぁ〜。
そうそう、皆さんは本日のメインで着ているシャンブレー(シャツ)の起源はご存知でしたか?
詳しく知りたい方はこちらを。
興味がある方は面白いと思いますよ。

03
Model : 175cm / Shirts:BELAFONTE RAGTIME TRIPLE STITCH CHAMBRAY SHIRTS(Medium)/ T-Shirt:Delicious Daily Used Long Sleeve Pocket T-Shirt(Medium)

Delicious Style 112.

2016.09.09 Hiroyuki Sano

全国的にはまだまだ暑いようですが、仙台ではそろそろこんなスタイルじゃないとダメな季節が到来しそうですね。
何か20年前にもこんなスタイルしてたっけなぁ〜なんて思いながらの撮影。
人それぞれ好きにレイヤードのアイテムとして使って欲しいですね。

01
Model : 171cm / Tops:Delicious Mountain Logo Fleece Half Zip Pullover(Medium)/ T-Shirt:Delicious Daily Used Long Sleeve Pocket T-Shirt(Medium)

Delicious Style 111.

2016.07.28 Hiroyuki Sano

そろそろ梅雨明けして欲しいんですが、今週は全部晴なんで、そろそろっぽいですね。
親父な雰囲気のショーパン履とハットでゆる〜く決めて、ビアガーデンでも行きたい気分です。

01
Model : 171cm / T-Shirt:tr.4 suspension “WITTICISM” S/S Tee(Medium)/ Pants : tr.4 suspension “ZIGZAG PATTERN” EAZY HALF PANTS(Medium) / Hat:Delicious Daily Herring Bone Bucket Hat

Delicious Style 110.

2016.06.27 Hiroyuki Sano

Dimeから梅雨時期には調子良さそうなウインドブレイカーが到着したんで、1枚撮影してみました。
この時期は雨も降りやすいし、移動中の電車やバスの中、オフィスなんかでは冷房ガンガンなんで、こういったナイロンモノが1枚あると重宝すると思います。
ペラッペラな肉感ではないので、程よい重量感があり、安っぽくありません。
何よりオリジナルカットなのが嬉しい限り。
袖は少し長めですが、他は◉っす。

01

Model : 171cm / Tops:Dime Windbreaker(Medium)/ T-Shirt:Delicious Daily Pocket Tee(Medium)

Delicious Style109.

2016.05.30 shimiken

連日Border TeeのStyleが続いてましたが、Delicious Original以外でも、Border物はありますよ。
BELAFONTEのRAGTIME SPEC BORDER POCKET Tは生地感も異なり、少しふわっとした感じです。
White×Navyにはデニムやチノパンが鉄板ですが、Olive Drabにも相性良く着れます。
何気ない組み合わせですが、Border TeeはUS NAVY、Olive DrabのTrousers PantsはUS ARMYをイメージした異色のMilitary Style。
これからの季節だったら、足下にサンダルで合わせても良いですね。

06

Model : 171cm / Tops:BELAFONTE RAGTIME SPEC BORDER POCKET T(Medium)/ Pants : Delicious Trousers Pants(32inch)

Delicious Style106.

2016.05.26 shimiken

今日は暑くもないですが、涼しくもなく、何だかちょっとジメッとした1日。
こんな日はスウェットよりシャツの方が着心地が良いんじゃないかな、と思います。
WhiteのシャツにNavy×Blueのボーダーの色合わせが凄く良いバランス。
ボーダーと同系色のDenimを合わせて、全体的にクリーンな印象。
正に初夏、って感じのStyleです。

ds01

Model : 171cm / Shirt:BELAFONTE RAGTIME CHAMBLEY SHIRT(Medium)/ T-Shirt:Retro Border Pocket Tee(Medium)/ Pants : BELAFONTE RAGTIME DENIM TROUSERS with CINCH BACK(Medium)

ショーツなんかで合わせても、それはそれでカッコイイんですがここはフルレングスのパンツの方が良いかな。
洒落過ぎない、一見すると普通過ぎるくらいのバランスを素材やカラーリングの組み合わせで楽しみたいですね。
是非、参考になれば幸いです。

Delicious Style105.

2016.05.25 Hiroyuki Sano

僕らのお店がオープンして間もない頃に取り扱いを開始したREIGNING CHAMP。
まだまだ無名だったブランドを始めた理由は単純明快。
REIGNING CHAMPの工場(cyc design)は当時、REIGNING CHAMPを始めたばっかりだったんだけど、その前からSupremeを筆頭にDQMHUF、ALIFEなどなど、数多くのストリートブランドのOEMをしていたというのが最大の理由。
しかし、時代の変化とともにSupreme以外のほとんどのブランドは中国やアジアなどの工場に生産を移してしまった。
でもREIGNING CHAMPが品質の良さや変わらないシルエットを受け継ぎ、さらにはアップデートしている。
そして今ではKITH NYC、nonnative、Asics、S/DOUBLE、ACE HOTELなどとのコラボレーションを成功させ、ファッション業界でスエットと言えばREIGNING CHAMPって所まできている。
僕らがREIGNING CHAMPを取り扱ってる理由は、ただ単純に品質の良さやシルエットの良さではなく、
こんな感じの入り方なんです。
沢山の方に興味を持ってもらえると嬉しいっす。

03
Model : 171cm / Tops:REIGNING CHAMP MIDWEIGHT TWILL TERRY CORE FULL ZIP HOODIE(Medium)/ T-Shirt:Delicious Daily Pocket Tee(Medium)/ Pants : REIGNING CHAMP MIDWEIGHT TWILL TERRY CORE SWEAT PANTS(Medium)

Delicious Style104.

2016.05.24 Hiroyuki Sano

忘れられてるIndigo Hoodie、そしてTrousers Pants…..。
形、オンス、共に満足頂ける出来かなと。
試していない方は是非店頭まで。
インナーには先日リリースされたRetro Borderを。
日中は暑いんですが、夜はまだまだ寒いと思います。
この時期からミディアムオンスのこのHoodieが活躍してくれるかなと。

02
Model : 171cm / Tops:Delicious INDIGO ZIP HOODIE(Medium)/ T-Shirt:Retro Border Pocket Tee(Medium)/ Pants : Trousers Pants(Medium)

Delicious Style103.

2016.04.09 Hiroyuki Sano

なんかスエットが難しいです…..。
なんて声がちらほら聞こえてきましたので、スタイルを参考にして頂ければってな感じで撮影しました。
まずは上段から。
王道のセットアップ。
スエット単体で着るとステッチのラインが際立つらしく、だったらセットアップでしょって事で。
この組み合わせならステッチのラインが気にならないと思いますし、ジャージっぽく見えるんだけど、ジャージではない、スエットなんだけど、少し大人で上級者とでも言わんばかりの独特な雰囲気になっていると思います。
洗っていけばインディゴ染めなので、経年変化も味わえて、自分だけの少し渋めのセットアップになる事間違いなしっすよ。

IMG_3101
Model : 181cm / Tops:Delicious INDIGO ZIP HOODIE(Large)/ T-Shirt:Delicious Local Long Sleeve Tee(Large)/ Pants : Delicious Indigo Sweat Pant(Large)

そして下段ですね。
ラインが気になるって事でホワイトを基調とした組み合わせ。
多分、暗めのジャケットやシャツなんかを着ている、この時期だからステッチのラインが余計気になるんだと思いますよ。
こんな感じで、春・夏を前面に出した色味で構成すれば、逆にこのラインが、かっこいいと思うんだけどなぁ〜なんて独り言を言ってみたりしています。
まだまだ、このラインを生かした組み合わせなんて腐るほどあると思いますので、次の機会に紹介したいと思います。

IMG_3123
Model : 171cm / Tops:Delicious INDIGO ZIP HOODIE(Medium)/ T-Shirt:Delicious Halftone Logo Long Sleeve Tee(Medium)/ Pants : BELAFONTE RAGTIME CHINO CLOTH TROUSERS (ROD AND GUN PRINTED)(Medium)