“BEAUTIFUL LIKE WEED’S” CHIEKO BEAUTY

2017.12.11 Satoshi Kumagai

チエコさんおめでとうございます。

tr.4のwebページでも石川さんが良い事を話されていたので僕はまぁ何も言う事は無いなと思ってたんですが僕も個人的にはかなり思い入れが強いのでやはり一言。

チエコさんは本当に強く、お洒落で、可愛いくて美人で気さくで本当に最高な人です。
まさに自分の中では「強い女性」。

正直この話しは半年程前から聞いてましたが当時からワクワクしてました。
自分にとってはまさに今年1番のビックチューン!!

そんな人のティシャツ、着ない訳無いです。

「俺が一番売ってやる!」と思い気合いの数付けてますので皆様安心してください。

今回の作品、CHIEKO BEAUTY , KING SCORCHER , 岡崎 京子 ,

90年代日本のクラブシーンを作ってきた方達の思いが詰まってます。
まずは下に石川さんの解説添付しときますので一読してください。

何か気合い入りすぎて文面おかしいですね。
他にも話したい事はたくさんありますが怒られそうなので止めときます。

“CHIEKO BEAUTY”
新旧19曲を収録したミックス・アルバム。
スカ、ロック・ステディ、ルーツ・ロック、ラヴァーズから
90年代UK・ブラック、ブリストル調サウンドまで
様々なトラックをしなやかに乗りこなす歌声。
1980年代後期に活動をスタートしたChieko Beauty。
ダンスホール黎明期の日本のシーンに登場したシンガーの元祖であり、
同時に、今でこそ珍しくはない「クラブ・ミュージック系シンガー」の先駆者でもあります。

いわば、“First Lady Of Song”!!!
デヴュー当時には、私の好きな女性シンガーUAも、Birdも、PUSHIMもまだいない。

その存在をジャマイカの女性シンガーに例えるならば、
マーシャ・グリフィスもフィリス・ディロン、リタ・マーリーも
デヴューしていない頃から男ばかりの舞台。
そのセンター・ステイジで孤軍奮闘、歌っていたホーテンス・エリス。
パイオニアとして聴衆の胸の奥の奥にマイクロフォンを
使って歌を届ける姿はとてもよく似ているように思う。

その、一聴で彼女だとわかるオリジナルのヴォイスとトーンは曲調に合わせて硬軟自在。
しかも、力強くて、ときに愛らしい、表情豊かなそのオリジナル・ヴォイスだけでなく、
決意が込められた歌からはタフなパーソナリティもにじみだす。

今回、改めて1990年代の歌、歌詞を聞いて感じたのは
「デヴューしたころからシャープだな。既に歌が、歌詞が大人だ。」という感慨。
器が違う。それでいて、スウィートでキュートな歌も、
クールなラヴ・ソングも昔から変わらない瑞々しさをたたえています。
本人は、いまどきアンチ・エイジングなんて眼中にないとは思いますが、
この変わらぬキュートでヤーディーな佇まいには只々脱帽。

比べちゃ失礼ですが、最近巷に溢れるよい年になっても思春期、
青春こじらせたままみたいなソーフな歌とは物が違う。
また、「踊り明かそう。朝が来るまで」と同じような歌詞内容を他の人が歌っていたら、
「貴方、本当は踊ったりするの苦手で、すぐ家に帰っちゃうタイプじゃないの」と
私なんかは感じちゃう歌手が多いですが、Chieko Beautyはリアルです。
どの歌も超リアル。説得力が違う。

  さて、本作は彼女の豊かで永いキャリアを俯瞰できるショウ・ケイスとしても秀逸ですが、
1992年から最近までの音源が縦横無人にミックスされているので、
これから彼女の曲を聞き始めたいと思っているリスナーにも最適。
ワン・アーティストの曲をミックスして一枚のアルバムに仕上げるのはかなり難易度が高い仕事ですが、
心配ご無用。緩急つけたスムースなミックスで曲の流れ、構成も文句なし。
歌に接続されたインストゥルメンタルでは、リン・テイトばりのカリビアンなギターの流麗な響きも堪能できます。
カヴァー曲のセンスも抜群。特に「This Time I’ll Be Sweeter」と「だいじょーぶ」はクラシック中のクラシック!!

出来るだけ大きな音で低音効かせてお聞きください。One Love

Commentary-石川貴教(T.K)。

“6th Generation – Unstoppable” now arrived.

2017.10.18 shimiken


1stアルバムから約2年の期間を経て、
6th Generationの2ndアルバムがとうとうリリース。

新作はまだかまだかとお持ちされていた方はお早めに。

店頭・オンライン共にご利用可能となっております。
是非、お時間ございます時にご覧下さいませ。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

今作は自身の楽曲だけではなく、様々なメンバーとコラボ。
HUNGER、影、BUZZ、菅原信介や、そしてSkyzoo、ポチョムキン、
IO from kandytownなどの新たなゲストも参加しています。

自ら足を運び、一緒にスタジオインしてセッションの元、
お互いを高め合う形でチカラを引き出した全11曲のトラックリスト。

抜群なドラムスの安定感、胸を熱くするソウルフルなサンプル。
ラップが映えるシンプルでつんのめるようなビート。
アーバンで気持ちの良いインストゥルメンタルが織り混じった内容です。

6th Generation渾身の最新HIP HOPアルバムかと思います。
テンションを上げたい時に、深夜のドライブ中に、是非。

MHAK’s accomplishment.

2017.10.16 shimiken

今期、Deliicousの中でも一際人気の高かった「ROSE」
ジャーナルさんの SHOP IN SHOP、POP UPでも好評でした。

そのグラフィックを手掛けてくれたMHAK

僕らや日頃Deliciousをご利用して下さっている皆様には
馴染みの深い彼ですが、ここ最近は10代20代の若い子達も
興味を持っていてくれるようで自分の事のように嬉しいです。

そんなMHAK氏がadidas Skateboardingとの
カプセルコレクションを先日発表しました。

彼のアートワークが活かされたウェア、SBシューズといった
コレクションは是非お手に取ってほしいと思います。
もちろん、adidasのオンラインでもチェック出来ますよ。
興味ある方はこちらからご覧下さいね。

しかもグローバル契約という偉業。
過去にライダーではなく、アーティストがシューズを含めた
コレクションをリリースしていた記憶はないのでスゴい事です。

MARK GONZALEZ、DENIS BUZENITZらが所属している中に
参入するなんて、、、ヤバいの一言です。

そして、mocのインタビューも先日公開されていました。
中々ボリュームのあるインタビューなんで読み応えあります。

自身の生い立ち、立ち位置、これからの事などなど。
自身のスタイルを曲げず、突き詰めた結果がこれなんだと思います。
そのインタビューの中で、特に最後のページに書かれている部分は
共感出来る、しなければと思わせられました。

僕らの言葉ではなく、是非MHAK本人の言葉を読んでほしいです。

HOUYHNHNM came to Sendai.

2017.09.29 shimiken

先日、HOUYHNHNMさんクルーが仙台へ訪れた際に、
ジャーナルさんで開催中のPOP UPについても記事を書いてくれました。
その記事の内容についてはこちらからお読み下さい。

ちょうど開催がカブった松竹梅インストア、ジャズフェス、上映会の
取材がメインのようでしたが、何かとご縁がありますね。

まだジャーナルさんへ行っていない方が是非、週末にでも行ってみて下さい。
ジャーナルさん限定アイテムもございますよ。

夜は夜でSHAFTで開催されたSOUND MANEUVERSでも
皆さんとても楽しそうでした。

ジャーナルスタンダード仙台店とは、前回のSHOP IN SHOPから
引き続き企画をしてもらっていて、気付けばスタッフの皆さんと距離感が
大幅に縮まったようにも感じます。

キャパやスタイルは異なりますが、地方店同士でこれからも色々と
盛り上げていきたいと思います。

物と物だけでなく、携わる人と人が繋がる事がやっぱり重要ですね。

これからも宜しくです。

“Roots”

2017.08.10 shimiken

明日からお盆休暇、という方も多いでしょう。
前々から計画していた旅行や行楽、久々に故郷への帰省。

この連休を使って様々な過ごし方がありと思います。

中には、普段通り仕事、、なんて方もいるかと。
そういう自分も似たような状況になりますが。

ブログでの告知が遅れちゃって申し訳ないです。

旅行、帰省の移動時に、作業中に、、
どんな人にも、どんな環境にもドンピシャにハマるMixの登場です。

多くは語りません。

是非、お手に取って下さいませ。

Delicious Online Shop → こちらからご覧下さい。

“Side By Side”/”IMA#26” now arrived.

2017.07.28 shimiken

今週末で7月は終わり。
仙台は梅雨明けせずに、8月へ突入。。

これからまだ雨が続くと思うとちょっと滅入りますね。
基本、室内の仕事なんで実際はそんなに影響ないんですが、それでも晴れてる日とは気分も違います。

そんな時はやっぱり音楽で気分を変えるのが1番手っ取り早いですね。

昨日、今日とお店にNew CDが到着してます。
店頭・オンラインともに販売開始してますのでお時間ございます時にどうぞ。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。


Mu-Rさんのメロー&チルなミックスCD『Side By Side』。
ご存知の方も多いかと思いますが、Mu-Rさん自身のメモリアルな作品です。
過去にも素晴らしいMixを数々リリースされてますが、今作は集大成と言っても間違いないくらい濃いです。


お馴染みIMAの最新作は先日のSHOP IN SHOPのプロモムービーでもお世話になったgrooveman SpotさんのMix。
ゴリゴリになり過ぎない、すごく聴きやすいMixだと思います。
どんなジャンルの曲を使っても自分の世界観を表現できる人って中々いませんよね。

お店のBGMでもヘビロテ中なんで、どんな内容なのか気になる方は直接店頭へ。

そしてお店のバックヤードセールは今週まで。
オンラインショップのメンバーズセールも7月31日までとなります。
まだご利用されていない方はこの週末に是非。

Cherry Smoothie – Nari in Kingston

2017.07.18 shimiken

オンラインへのUPが遅れてしまい、大変お待たせ致しました。
新しいMixが出る度、反響がスゴい事になってきているNariさん。
今回のMixもこの時期にベストマッチです。
ウチ以外でもうGETしている方も多いかもですが、まだ聴いてない方は今すぐどーぞ。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

今回もシリアルNo付きとなる枚数限定Mix CDです。
Neo Soul、Soul、Neo Bossa、Dubを中心に、NariさんならではのMix Style。
程良いユルさの中に、計算されたテクと経験値を感じさせてくれます。
カラッとした気持ちの良いお昼過ぎに、夕暮れ〜日の入り頃のドライブなんかで聴くと最高。
毎回聴いてて思いますが、季節感を感じさせるのがホントに上手いですよね。

なお、Track#4にはNariさんプロデュースのNeo Soul Instrumentalアーティストの“Cherry”くんの曲を収録してます。
Cherryくんといえば、ここ最近のDelicious Styleで着用モデルとして登場してもらってます。
音楽性だけでなく、彼の持つ雰囲気は中々出せるもんじゃないと思い、Deliciousでもちょこちょこお願いをしてました。

ジャケットは盤面は関東を中心に活動するスケーターでありアーティストのNABETA NO E
繊細なタッチが今回の音にマッチしてます。
スケーターの方が描いてる、ってところも良いですね。

そうこう言ってるうちに店頭で動いてましたので、お探しだった方はお早めに。

Delicious × iromegane collaboration goods.

2017.07.15 shimiken

宮城野区新田にあるパン屋いろめがねさんで以前からオリジナルのパンなどを作ってきてますが、
今回は新たにDeliciousといろめがねさんのコラボアイテムを作りました。

新たなデザインを作り、バンダナマルシェバッグの2種類に落とし込んでます。
バンダナは1,400円、マルシェバッグは1,800円です。

先日お知らせしたキッズTシャツも、いろめがねコラボのデザインのみこちらでもご購入可能ですよ。

バンダナはハンカチ代わりにも、ランチョンマット代わりにも使える大判のサイズ。
プリントカラーは2色展開なのでお好みで選んで下さいね。
もちろん2枚買いして使い分けても良いと思います。

マルシェバッグも大きめのサイズのものをチョイスしましたので、いっぱい買物しても余裕が出るくらい収納力があります。
実はデザイン違いでもう1バージョンがあります。
パン屋いろめがねバージョンと宮城野区萩野町にあるGirafeバージョンのアドレスが入った2種類です。
そちらはGirafeさんでご購入出来ますので、気になる方はそちらもチェックしてみて下さい。

キッズTシャツを除いてバンダナとマルシェバッグが買えるのは「パン屋いろめがね」と「Girafe」の2店舗だけ。
Deliciousの店頭では販売してませんので、欲しい方はそちらへお願いします。

どちらも海外のお土産なんかでよくある、地元のショップオリジナルグッズみたいなイメージのデザインです。
ちょっと買物に行った時、お土産感覚で買いやすいアイテムだと思います。
いわゆるスーベニアグッズって、そこに行った人にしか分からない特別感があるし、
もらう人はどんなお店なんだろうって考えるのが楽しいですよね。

最近はジャンル問わず、各地方のローカルショップなんかが結構盛り上がっているようにも感じます。
僕らの方でも色々と企画して、皆を巻き込んで盛り上げたいと思います。

IMA#25 / Latest Hip Hop Mix – Mixed by DJ Mitsu The Beats

2017.05.30 shimiken

久々CDの入荷。
毎回好評につき、瞬く間に完売してしまうIMAシリーズ最新作です。

Mitsu The BeatsさんMixの今回のテーマは「Back to Basic」
IMAの「原点」に立ち返るようなストレートで力強いHip Hopの「今」をセレクトした内容になってます。

僕らの方でもJOURNAL STANDARD SHOP IN SHOPで使っているテーマとリンクしていて、
実際に聴いてみて勝手に共感してしまいました。

「原点」と「今」を表現する事って簡単なようで、中々難しいと思います。
音楽という目に見えないモノであれば尚更。

まずは論ずるより直に聴いてみて下さい。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

Delicious Mix Tape Vol.15 DJ ONESLICE

2017.04.17 Satoshi Kumagai

i need beat 音に戯けてまだ数年?数十年?死に際迄が理想だとおもうわけ。ラッキーパンチも打たなきゃ当たらない、当たり前か。成し得ないのは賭けてないからって事で、そこでかけるかけない御自由に。世話ねえさ、she is lair。至らない幸せは力ない事じゃない。高が知れてるなんて知れた事なら耳にタコ、それじゃ雑音。覚悟はあるの?
思い付きに追い付き追い越して掴め。情熱ありゃ上出来、おもいを抱き、どっか遠く届くよう飛ばせ。
i need beat , i need beat , i need many beat .
誰かが嫉妬するくらいの、膝から崩れ落ちるくらいの。
i need beat .

4/18(火)より来店者、WEB購入者には枚数限定でCDをお配りします。
ご希望の方は是非是非。

過去の作品はコチラ。
Delicious Mix Tape SOUND CLOUD PAGE
Delicious Mix Tape