JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.2 “Tino Razo interview”

2017.06.14 shimiken

先日のブログではTALL CAN BOYZのインタビュー紹介をしましたが、今回はTino Razo
スケーターとして、Supremeのスタッフとして、またはアーティストとしての顔を持つTino。
このインタビューで語ってくれた自身の経緯は非常に興味深いものがありました。

今回のSHOP IN SHOPでも取り扱ってもらった「PARTY IN THE BACK」。

Deliciousでは3月頃に入荷していて、その時のブログでも紹介してましたが、
この写真集を見てるとノスタルジックな気分になり時間の流れがゆったりとした感覚になれます。
スケーターとしての視点だけでなく、アーティストとしての視点も含めた風景の切り抜きがそうさせるんでしょうか。

NYでバーテンとして働き、LAではSupremeスタッフとして転身。
NYとLAを全く異なるタイプの街と表現していますが、都市部の事だけではなく、
風土や流れる時間の感じ方という部分がそう思わせているんでしょう。
TALL CAN BOYZのクリスもLAを表現する際に近い事をいってました。

そういった環境の変化なんかがTinoの今を形成していると思います。
Tinoは決して誇張せず、ありのままを体現していて、あせらずやりたい事を着実にすすめている印象を受けます。
インタビューの終わりでも触れてますが、いつか日本に来た時は何か一緒にやりたいな。
次の作品がリリースされるのを心待ちに、じっくり待ちましょう。

今回の特集記事はこれでおしまい。
次回もまたHOUYHNHNMさんで取り上げてもらうか未定ですが、何らかの媒体で特集を組みます。
その時までお楽しみに!

JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.2 “TALL CAN BOYZ interview”

2017.06.10 shimiken

先日ブログで書いていた「JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.02 in “HOUYHNHNM”」

今回もSHOP IN SHOPで取り扱ってもらっているブランドのインタビュー記事があります。
まずはLAを拠点に、スケートカルチャーを中心にZINEやビデオ、そしてアパレルを展開するTALL CAN BOYZ
ハーコーな印象はそのままに、すごくナチュラルで裏表の無い人物のクリスがインタビューに答えてくれました。

ブランドネームは彼らの大好きなロング缶のビールから。
そこからして面白い事をやってくれそうな感じが伝わってきますよね。
元々は東海岸出身だったけど、今はLAに所在を構えているそう。
その理由も彼らしいジョークを交えたものです。

TALL CAN BOYZのオリジナリティー全開のZINEはクリスと周辺のメンバー達が
コンスタントに撮り溜めている写真や自身のアートワークが魅力的。
彼らは自分達のライフスタイルを反映したコンテンツの1部としてZINEやアパレルをやってます。

育ってきた環境、好きなカルチャーなどを活かし、
TALL CAN BOYZのアイテムを通して「自分の人生を楽しめ!」と教えてくれてます。
ただ買った服を着るだけじゃなく、何気なくZINEを見るだけじゃなく、
彼らを取り巻く環境なんかをそこにあるものから想像してみて下さい。
きっと、TALL CAN BOYZの見え方が違ってくると思います。

クリスの考えている事はすごくクリーンで共感する部分も多かった。
改めてDeliciousで取り扱えている事を光栄に思います。

“Delicious × MHAK” Limited T-Shirt.

2017.06.09 shimiken

既に告知しておりましたが、改めてご報告。
再度HOUYHNHNMさんでも特集記事が掲載されてます。

明日から開催されるJOURNAL STANDARD大阪・心斎橋と名古屋・高島屋店での
SHOP IN SHOPに合わせてMHAKデザインの限定Tシャツがリリース。
こちらは継続中の表参道、明日から開催の大阪・心斎橋と名古屋・高島屋店の3店舗、そしてDeliciousを含む4店舗のみの取り扱い。

今まで様々なDelicious OG LOGOを生み出してきたけど、第三者の手が加えられたデザインはほんの一握り。
妥協はせず、作り手の僕らが先ずカッコいいと思えなければ商品化する事はなかった。
もちろん、今回もお互い妥協せず、言いたい事をぶつけあって、最終的に納得のいくカタチでフィニッシュできたと思ってます。

これまでも色々と一緒に仕事してきたり、遊んだりしてきたけど、こういうカタチで実現したのは初めて。
JOURNAL STANDARDさんのような、セレクトショップでのSHOP IN SHOPの試みも初めて。
初めて尽くしの上、時間も限られた中でここまでやれたのは皆様の力添えがあったからこそ。
僕らだけだったら、途中でへばっちゃったと思います。

こんなに熱量を込めたアイテムは、後にも先にも中々出来ないかと。
Deliciousをご利用してくださっている方、最近知ったという方も是非ご覧下さい。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

【お問い合わせ先】
Delicious
TEL 022-398-3533
MAIL shop@dlcs.jp

JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.02 in “HOUYHNHNM”

2017.06.07 shimiken

「JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.02」

先日お知らせしていたSHOP IN SHOP第二弾について、改めてHOUYHNHNMさんに特集記事を組んでもらいました。
前回の特集も大勢の方にご覧いただけたようで、お客さんや友達、先輩etcからもスゴいね〜なんて声かけてもらったり。
今回リリースする、MAHKさんデザインのTシャツについても既に多数お問い合わせいただいてる状況。
大変嬉しくもあり、非常に恐縮な限りです。

トレンド最先端の東京、独自の文化を築き上げている関西にローカルの僕らがこういう形で繋がったのは嬉しいですね。
もちろん、昔から交友のある方も沢山いますが、Deliciousを知らない人に知ってもらえる良い機会。
毎度の事ですが、協力して下さっている皆様には頭が上がりません。。

そして、今回も取り扱いブランドのインタビュー記事がございます。
TALL CAN BOYZTino Razoそれぞれにフォーカスをあててます。

好評につき、このまま継続の表参道店と、6月10日からの心斎橋・名古屋高島屋店の3店舗開催。
関東、関西在住の方は是非お足運び下さいませ。

インタビュー記事についてはまた次回!

SHOP IN SHOP Delicious -BACK TO OUR BASICS- Vol. 2 / for MHAK

2017.06.05 shimiken

SHOP IN SHOPのプロモーションムービー第二弾。
今回はMAHKさんにも登場してもらってます。

独特のスタイルで、オンリーワンの空間を作り出すペインターのMHAK。
PILE INC.が発行していたフリーマガジン「Common Magazine」に登場して以来、
10年以上の付き合いになるMHAKとの初めてのコラボレーションが、ついに実現します。

6月10日からジャーナル スタンダード大阪・心斎橋店と名古屋・高島屋ゲートタワーモール店で開催される
「SHOP IN SHOP Delicious -BACK TO OUR BASICS-」を記念し、MHAKデザインのTシャツをリリースすることが決定。
このスペシャルコラボのプロモーションムービーは、MHAKさんが主宰するアーティスト集団81 BASTARDの映像作家・3104が制作。
サウンドは仙台が世界に誇るトラックメーカーDJ Mitsu the Beatsが手がけてくれてます。

Tシャツはジャーナル スタンダード心斎橋・名古屋・表参道とDelicious仙台の計4店舗で販売する事になりました。
近日お目見え出来るかと思いますので、このコラボをお見逃しなく!

「JOURNAL STANDARD SHOP IN SHOP Delicious -BACK TO OUR BASICS-」Vol.2!!!

2017.06.02 shimiken

東京での大評判を受け、6月10日よりJOURNAL STANDARD大阪・心斎橋店と名古屋・高島屋ゲートタワーモール店での開催が決定。
こちらも1ヶ月ぐらい続ける予定ですので、お近くの方は是非お越し下さい。

取り扱いブランド、BLANK MAGさんのアートピースは引き続き展開し、新たに大阪・名古屋限定のTシャツもリリースしますよ。
TシャツのデザインはMHAKさんが担当してくれてます。
かなり気合いの入ったアイテムになりますし、僕らも更に気合十分で挑みます。

なお、今週末の6月4日で新宿店は終了しますが、表参道店はそのまま継続しますので都内在住の方は是非。

ここまで大きな企画を動かせているのは関係者の方々や、日頃Deliciousをご利用してくれている皆様のサポートがあっての事。
特に新宿店の高山さん、本当に感謝してもしきれないくらいです。

ますます面白い、格好良いコトやモノを追い求めてDeliciousはパワーアップしていきます。
引き続き、どうぞ宜しくお願いします!

Picture of the「SHOP IN SHOP Delicious -BACK TO OUR BASICS-」

2017.05.31 shimiken

Deliciousのyoutubeチャンネルを立ち上げてみました〜。
まだまだ未定ですが、これから色々と動画をUPしていこうと思ってますんで、気になった方は是非ご登録を!

この映像は、JOURNAL STANDARD新宿・表参道店で開催されている「SHOP IN SHOP Delicious -BACK TO OUR BASICS-」の様子。
新宿店は6月4日で終了してしまいますが、好評につき表参道店では継続します。

東京でのSHOP IN SHOPが好評だったことを受け、6月10日より大阪・心斎橋店と名古屋・タカシマヤゲートタワーモール店でも新たに開催が決定しました。Deliciousがその原点に立ち返り、規模は小さくともアメリカンストリートの「今」を象徴するブランドをセレクトしたSHOP IN SHOPには、各ブランドアイテムとも、日本では手に入りにくいモノばかりが並びます。
この機会に、ぜひ足を運んでみて下さい。

“JOURNAL STANDARD SHOP IN SHOP Delicious” REAL STYLE by JEEP interview.

2017.05.26 shimiken

昨日公開されておりましたので、こちらでもご報告。

JEEPの日本公式サイトで新たな試みとして特設されているJEEP® REALの「Real Style」に、
JOURNAL STANDARD SHOP IN SHOPの特集ページを作成していただきました。
記事はかなりのボリュームなんで、ここでタラタラ説明するよりも、直接ご覧になってもらえればと思います。


<-アメリカ発、ここでしか出会えない13のブランドと、セレクトショップの「原点」にフォーカスしたイベントが開催中->

地方の、しかも小規模なお店でしかない僕らのDeliciousが、こんなフューチャーされる事になるとは。
正直、ここまで大きく取り上げられるとは思ってもいなかった。
協力してくれた皆様には感謝の気持ちしかないです。

「ーどれも新しくてカルチャーを感じる、それでいて40代ぐらいになっても着れるストリートブランドが並んでいるお店ですー」
インタビューの中で1番嬉しい一言です。

お店が始まって、少しずつみんな年を重ねてきましたが感性は変わらず、むしろどんどんやれる事の範囲が広がってきたと思ってます。
Deliciousでやっているアイテムは若い子には新鮮に感じるものが多いと思いますが、僕らと同年代くらいの方にも身近に感じてもらえるんじゃないかと。
こういう機会と通して再確認してもらえればな、と思います。

まだまだSHOP IN SHOPは継続中です。
新宿・表参道店にまだ行かれていない方は是非1度見に行ってみて下さい。
そして、仙台近郊にお住まいの方は是非Deliciousに遊びに来て下さいね。

今日はこんなところで。

JOURNAL STANDARD meets Delicious “ERASE PROJECTS interview”

2017.05.11 shimiken

先日のFUNCULTのインタビューに引き続き、本日は”ERASE PROJECTS“のインタビュー記事の紹介です。

既にご存知の方も大勢いるかと思いますが、BRAIN DEADを手掛ける二人の人物がスタートしたブランド。
ブランドという言い方よりは彼らがBRAIN DEADでは表現出来ないものや、
束縛のない物作りを表現するプロジェクトという言い方になりますかね?

オタク気質というか、良い意味で変態な思考回路を持っているからこそ、
他の追随を許さないくらいの突き詰め方が出来るんだと思います。

服というカテゴリには縛られない、アーティストのフリー活動といったイメージ。
ZINEやFree deck projectのような試みもナチュラルにこなしてますしね。
真似ようと思ってもここまでのクオリティに到達する事は中々難しいんじゃないでしょうか。

Kyleがインタビュー内で「表層的なことは大嫌いで、うわべだけを見るっていうのは最悪なことだと思う」
と語ってますが、何事においても正にその通りです。

SNSを中心に、調べごとはすぐ分かっちゃう気になってしまう事が当たり前になってきていると思います。
画面上の情報だけでは分からない部分の方が重要。
もちろん、そんなウンチクばかり知ってても、カタチにしなければ意味なんてないかもですが。

ERASE PROJECTSでは、様々なジャンルの情報、自分達の好きなモノを詰め込んで1つのグラフィックに消化させてます。
だからこそ、ERASE PROJECTSのアイテムは独特の存在感が出せるし、袖を通した時に魅力を感じます。

JOURNAL STANDARD新宿・表参道店にまだ行かれていない方は、是非1度ERASEのアイテムを見に行って見て下さい。
Delicioueにも、若干ですがまだ残ってますので仙台の方はお店にどうぞ。

連日の投稿でしたが、HOUYHNHNMさんに特集を組んでもらった記事はまだ続きます。
まだ掲載されておりませんが、更新され次第ご報告させていただきますね。

JOURNAL STANDARD meets Delicious “FUNCULT interview”

2017.05.10 shimiken

本日はHOUYHNHNMさんに特集を組んでもらった「JOURNAL STANDARD meets Delicious vol.01」
掲載されている“FUNCULT”のインタビューについてちょろっとご説明を。

Deliciousで取り扱いを始める際に謎多きブランドと記述してましたが、
今回のインタビューで大分認知されたんじゃないでしょうか。
FUNCULTの中心人物である2人にも登場してもらってます。
若い彼らが何を見てきて、なぜブランドを立ち上げたのか、その理由なんかも語ってくれてます。

実にマニアックで勉強熱心な部分がクリエイションに反映されていると思いました。
Tシャツのグラフィックをパッと見ただけではわからなかった面がこのインタビューで伝わってきます。
FUNCULTはスケートカルチャーだけでなく、アート・建築・レリジョン等の教養といった他ジャンルにも興味があり、
いわゆるスケートカンパニーの服ではない物作りと背景が魅力的です。

彼らもこれからの展開について語ってますが、カットソー以外のアイテム展開も視野に入れているとか。
もちろん、お店のスタイルに合うかどうかという事もありますが、今後も一緒に仕事を続けていきたいですね。

また、彼らが手がける「Pakkard」も凄くカッコイイ。
LAに行く機会があったら是非行ってみたいスポットですね。
ここまでFUNCULTの内側に突っ込んだインタビューはまだ他にはないかと思います。
協力していただいた皆様には大変感謝です。

次回のブログはERASE PROJECTSのインタビューについて。
お楽しみに。