“BEAUTIFUL LIKE WEED’S” CHIEKO BEAUTY

2017.12.11 Satoshi Kumagai

チエコさんおめでとうございます。

tr.4のwebページでも石川さんが良い事を話されていたので僕はまぁ何も言う事は無いなと思ってたんですが僕も個人的にはかなり思い入れが強いのでやはり一言。

チエコさんは本当に強く、お洒落で、可愛いくて美人で気さくで本当に最高な人です。
まさに自分の中では「強い女性」。

正直この話しは半年程前から聞いてましたが当時からワクワクしてました。
自分にとってはまさに今年1番のビックチューン!!

そんな人のティシャツ、着ない訳無いです。

「俺が一番売ってやる!」と思い気合いの数付けてますので皆様安心してください。

今回の作品、CHIEKO BEAUTY , KING SCORCHER , 岡崎 京子 ,

90年代日本のクラブシーンを作ってきた方達の思いが詰まってます。
まずは下に石川さんの解説添付しときますので一読してください。

何か気合い入りすぎて文面おかしいですね。
他にも話したい事はたくさんありますが怒られそうなので止めときます。

“CHIEKO BEAUTY”
新旧19曲を収録したミックス・アルバム。
スカ、ロック・ステディ、ルーツ・ロック、ラヴァーズから
90年代UK・ブラック、ブリストル調サウンドまで
様々なトラックをしなやかに乗りこなす歌声。
1980年代後期に活動をスタートしたChieko Beauty。
ダンスホール黎明期の日本のシーンに登場したシンガーの元祖であり、
同時に、今でこそ珍しくはない「クラブ・ミュージック系シンガー」の先駆者でもあります。

いわば、“First Lady Of Song”!!!
デヴュー当時には、私の好きな女性シンガーUAも、Birdも、PUSHIMもまだいない。

その存在をジャマイカの女性シンガーに例えるならば、
マーシャ・グリフィスもフィリス・ディロン、リタ・マーリーも
デヴューしていない頃から男ばかりの舞台。
そのセンター・ステイジで孤軍奮闘、歌っていたホーテンス・エリス。
パイオニアとして聴衆の胸の奥の奥にマイクロフォンを
使って歌を届ける姿はとてもよく似ているように思う。

その、一聴で彼女だとわかるオリジナルのヴォイスとトーンは曲調に合わせて硬軟自在。
しかも、力強くて、ときに愛らしい、表情豊かなそのオリジナル・ヴォイスだけでなく、
決意が込められた歌からはタフなパーソナリティもにじみだす。

今回、改めて1990年代の歌、歌詞を聞いて感じたのは
「デヴューしたころからシャープだな。既に歌が、歌詞が大人だ。」という感慨。
器が違う。それでいて、スウィートでキュートな歌も、
クールなラヴ・ソングも昔から変わらない瑞々しさをたたえています。
本人は、いまどきアンチ・エイジングなんて眼中にないとは思いますが、
この変わらぬキュートでヤーディーな佇まいには只々脱帽。

比べちゃ失礼ですが、最近巷に溢れるよい年になっても思春期、
青春こじらせたままみたいなソーフな歌とは物が違う。
また、「踊り明かそう。朝が来るまで」と同じような歌詞内容を他の人が歌っていたら、
「貴方、本当は踊ったりするの苦手で、すぐ家に帰っちゃうタイプじゃないの」と
私なんかは感じちゃう歌手が多いですが、Chieko Beautyはリアルです。
どの歌も超リアル。説得力が違う。

  さて、本作は彼女の豊かで永いキャリアを俯瞰できるショウ・ケイスとしても秀逸ですが、
1992年から最近までの音源が縦横無人にミックスされているので、
これから彼女の曲を聞き始めたいと思っているリスナーにも最適。
ワン・アーティストの曲をミックスして一枚のアルバムに仕上げるのはかなり難易度が高い仕事ですが、
心配ご無用。緩急つけたスムースなミックスで曲の流れ、構成も文句なし。
歌に接続されたインストゥルメンタルでは、リン・テイトばりのカリビアンなギターの流麗な響きも堪能できます。
カヴァー曲のセンスも抜群。特に「This Time I’ll Be Sweeter」と「だいじょーぶ」はクラシック中のクラシック!!

出来るだけ大きな音で低音効かせてお聞きください。One Love

Commentary-石川貴教(T.K)。

Delicious Mix Tape Vol.17 Mixed by DJ Chubachi .

2017.12.04 Satoshi Kumagai

DJ Chubachi
1989年よりDJを開始。パーティーの流れを詠んだ的確な選曲とテクニック、アグレッシヴかつ音楽への深い愛情を感じさせる
独自のDJスタイルはジャンルの壁を越え、現在進行形で多くのオーディエンス魅了し続けている。
国内外・ジャンルを問わず、様々なゲストを迎えてのパーティーは好評を博している。
また、仙台の地にNick Jones,Timmy Regisford,Little Louie Vega,Francois Kevorkian,Joe Claussell,Danny Krivit,DJ Noriなど
名だたるDJを招聘し、東北DANCE MUSICシーンの喚起の一躍を担う。
2017年、HiHat Sendaiにて”HiHouse+”をスタート。
現在進行形のDeep Houseに拘り常に新しいサウンドを追求するPartyをStart

年内最後となるDelicious Mix Tapeは仙台では誰もが知ってるレジェンド中鉢さんです。
この人の事を話すとまぁ長いです。当たり前で失礼だけど本当に何でも知ってます。
僕はそれ以上何やかんやとは言えません。

今回のMixは新譜7~8割の構成となっており、年末へ向けての疾走感はもちろん、後半でホッと出来る部分もあり、
その熟練された流れ、グルーブ感はまさに今の時期にピッタリかと思います。雪の舞う中泥酔で、そして爆音で聞いてください。ステップして転んで頭打ってください。
宜しくお願いします。

中鉢さん、年明けにはイベントもあります。

2018/1/7(SUN)
22:00 Start
Hi-Hat Presents
HiHouse+ Special
Guest DJ Timmy regisford (Shelter NYC)
DJ
Daishi
Mori
Chubachi

3,000Yen/1D

ゲストはShelter NYCよりTimmy Regisford
凄いですね。詳細などは当店までお問合せください。

Club Hi-Hat

“KICK POSTERS” now restock.

2017.10.19 shimiken

先月予約受付してましたKICK POSTERS
今日、2枚だけ入荷しました。

デザインはOff-White x Jordan 1と、
Air Max 97 Silverの2種類です。

期間中、予約出来なかった方は是非。

このスニーカーを所有している人がいたら、
ポスターもコレクションの1つに加えてみては。

店頭・オンライン共にご利用可能となっております。
お時間ございます時に是非ご覧下さいね。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

MHAK’s accomplishment.

2017.10.16 shimiken

今期、Deliicousの中でも一際人気の高かった「ROSE」
ジャーナルさんの SHOP IN SHOP、POP UPでも好評でした。

そのグラフィックを手掛けてくれたMHAK

僕らや日頃Deliciousをご利用して下さっている皆様には
馴染みの深い彼ですが、ここ最近は10代20代の若い子達も
興味を持っていてくれるようで自分の事のように嬉しいです。

そんなMHAK氏がadidas Skateboardingとの
カプセルコレクションを先日発表しました。

彼のアートワークが活かされたウェア、SBシューズといった
コレクションは是非お手に取ってほしいと思います。
もちろん、adidasのオンラインでもチェック出来ますよ。
興味ある方はこちらからご覧下さいね。

しかもグローバル契約という偉業。
過去にライダーではなく、アーティストがシューズを含めた
コレクションをリリースしていた記憶はないのでスゴい事です。

MARK GONZALEZ、DENIS BUZENITZらが所属している中に
参入するなんて、、、ヤバいの一言です。

そして、mocのインタビューも先日公開されていました。
中々ボリュームのあるインタビューなんで読み応えあります。

自身の生い立ち、立ち位置、これからの事などなど。
自身のスタイルを曲げず、突き詰めた結果がこれなんだと思います。
そのインタビューの中で、特に最後のページに書かれている部分は
共感出来る、しなければと思わせられました。

僕らの言葉ではなく、是非MHAK本人の言葉を読んでほしいです。

“That’s A Crazy One”

2017.10.10 shimiken

久々にこの辺のアイテムも入れました。
国内の流通はかなり少ないのでお好きな方はお早めに。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

1990年代初頭のNYスケート、ストリートカルチャーを語る上で
外せない、ラリー・クラークのカルトフィルム”KIDS”にインスピレーションを
得て作られた写真集です。

この作品の中身は”KIDS”のストーリー上で収められた写真ではなく、
映画が制作されリリースされる前のキッズ達のオフショットみたいな感じです。
規制もなく、自由に撮られたカットはとても希少だと思います。

また、被写体のキッズ達はOG SUPREME、ZOO YORKのメンバー。
当時はおおよそどちらかに所属していたので必然ではありますが、
今思えばその事ですらモノスゴイ事ですよね。

個人的ですけど三十代を過ぎると服そのものよりも、
カルチャーやアート、音楽の方に比重が寄ってきます。
服を買ってオシャレするのも良いですが、服にまつわる背景を
知っていると尚面白いと思いますよ。

昨今の90sカルチャーブームの元はこの本の中にもあります。
当時追っかけてた方はもちろん、是非今の若い子達にも読んでほしい1冊です。

“KICK POSTERS” Limited order.

2017.09.29 shimiken

昨年末以来、久々にKICK POSTERSの限定予約を
本日から10月1日までの期間で受付致します。

このポスターを手掛けているのはDan Freebairn。
UKのストリートシーンで重要な人物になってます。
ポスターに限らず、アパレル展開なんかもやってますし、
今後さらに頭角を現してくるんじゃないでしょうか。

今回は王道モデルとコラボモデルに焦点を当てました。
世界的にハイプなスニーカーは他に数多く有れど、
やっぱりこの辺のデザインが好きなもので、、、

お好きな方はご自宅やオフィスなどのインテリアに是非。

以下に注意事項を記載しましたので、
ご予約注文の前に必ずお読み下さいませ。

<注意事項>
———————————————————————————————
※予約期間は10月1日(日) までとなります。

※ご注文後、商品の発送まで1ヶ月ほどお時間をいただきます。

※決済は「宅急便コレクト /クレジット決済」のみとさせて頂きます。

※画面上と実際の製品では若干の違いが生じる可能性がございます。

※ご注文後のお客様都合によるキャンセルは一切受付出来かねます。

※減産や諸事情により受注自体キャンセルの可能性もございます。
———————————————————————————————

発送時期については前後する場合もございますのでご注意下さい。
その際にはこちらからアナウンスしますので宜しくお願いします。

また、各ポスターにフレームは付きません。
ポスターのサイズはA2(W約42cm×H約59cm)なので、
寸法を参考にしてお探しいただければと思います。

上記を予めご理解頂いた上でご予約をお願い致します。

Delicious Online Shop → こちらからご覧いただけます。

HOUYHNHNM came to Sendai.

2017.09.29 shimiken

先日、HOUYHNHNMさんクルーが仙台へ訪れた際に、
ジャーナルさんで開催中のPOP UPについても記事を書いてくれました。
その記事の内容についてはこちらからお読み下さい。

ちょうど開催がカブった松竹梅インストア、ジャズフェス、上映会の
取材がメインのようでしたが、何かとご縁がありますね。

まだジャーナルさんへ行っていない方が是非、週末にでも行ってみて下さい。
ジャーナルさん限定アイテムもございますよ。

夜は夜でSHAFTで開催されたSOUND MANEUVERSでも
皆さんとても楽しそうでした。

ジャーナルスタンダード仙台店とは、前回のSHOP IN SHOPから
引き続き企画をしてもらっていて、気付けばスタッフの皆さんと距離感が
大幅に縮まったようにも感じます。

キャパやスタイルは異なりますが、地方店同士でこれからも色々と
盛り上げていきたいと思います。

物と物だけでなく、携わる人と人が繋がる事がやっぱり重要ですね。

これからも宜しくです。

Delicious Mix Tape Vol.15 DJ ONESLICE

2017.04.17 Satoshi Kumagai

i need beat 音に戯けてまだ数年?数十年?死に際迄が理想だとおもうわけ。ラッキーパンチも打たなきゃ当たらない、当たり前か。成し得ないのは賭けてないからって事で、そこでかけるかけない御自由に。世話ねえさ、she is lair。至らない幸せは力ない事じゃない。高が知れてるなんて知れた事なら耳にタコ、それじゃ雑音。覚悟はあるの?
思い付きに追い付き追い越して掴め。情熱ありゃ上出来、おもいを抱き、どっか遠く届くよう飛ばせ。
i need beat , i need beat , i need many beat .
誰かが嫉妬するくらいの、膝から崩れ落ちるくらいの。
i need beat .

4/18(火)より来店者、WEB購入者には枚数限定でCDをお配りします。
ご希望の方は是非是非。

過去の作品はコチラ。
Delicious Mix Tape SOUND CLOUD PAGE
Delicious Mix Tape

“ERASE PROJECTS” in store now.

2017.03.28 shimiken

Deliciousをご利用頂いている方ならば、この辺のブランドも既にチェック済みなんじゃないでしょうか。
初見の方はこの機会にご確認を。

ERASE PROJECTSはBRAIN DEADを手掛けるKyle NgとEd Davisによる新たなコレクションブランド。
BRAIN DEADとはまた違う世界観で作られたアイテムは、アート・スケート・ミュージックなど様々な要素から影響を受けたデザインで構築されてます。

90’s、80’sの括りだけじゃ収まりきらないほどのパワーを感じます。
全てのボディー洗い加工が施されていて、更に1クセも2クセもあるグラフィック。。
Deliciousでは中々表現出来なかったエッセンスが詰まったラインナップで、お店の中でも一際その存在感を放ってます。

グラフィック、シルエットともにオンリーワンな仕上がり。
今正に旬なアイテムだと思います。

服だけでなくBRAIN DEADお馴染みのZINEも流石の一言。
こちらは数量限定で1万円以上の購入者に1冊プレゼントしてます。
※単品での販売はしていません。

非常に濃い内容になってますのでサブカルチャー・インディペンデントアート好きは是非。

ERASE PROJECTS New arrival → こちらからご覧頂けます。