Delicious Style103.

2016.04.09 Hiroyuki Sano

なんかスエットが難しいです…..。
なんて声がちらほら聞こえてきましたので、スタイルを参考にして頂ければってな感じで撮影しました。
まずは上段から。
王道のセットアップ。
スエット単体で着るとステッチのラインが際立つらしく、だったらセットアップでしょって事で。
この組み合わせならステッチのラインが気にならないと思いますし、ジャージっぽく見えるんだけど、ジャージではない、スエットなんだけど、少し大人で上級者とでも言わんばかりの独特な雰囲気になっていると思います。
洗っていけばインディゴ染めなので、経年変化も味わえて、自分だけの少し渋めのセットアップになる事間違いなしっすよ。

IMG_3101
Model : 181cm / Tops:Delicious INDIGO ZIP HOODIE(Large)/ T-Shirt:Delicious Local Long Sleeve Tee(Large)/ Pants : Delicious Indigo Sweat Pant(Large)

そして下段ですね。
ラインが気になるって事でホワイトを基調とした組み合わせ。
多分、暗めのジャケットやシャツなんかを着ている、この時期だからステッチのラインが余計気になるんだと思いますよ。
こんな感じで、春・夏を前面に出した色味で構成すれば、逆にこのラインが、かっこいいと思うんだけどなぁ〜なんて独り言を言ってみたりしています。
まだまだ、このラインを生かした組み合わせなんて腐るほどあると思いますので、次の機会に紹介したいと思います。

IMG_3123
Model : 171cm / Tops:Delicious INDIGO ZIP HOODIE(Medium)/ T-Shirt:Delicious Halftone Logo Long Sleeve Tee(Medium)/ Pants : BELAFONTE RAGTIME CHINO CLOTH TROUSERS (ROD AND GUN PRINTED)(Medium)