Delicious by Ebbets Field Flannels Release.

2014.09.24 Hiroyuki Sano

今週は僕らの定番モデルDelicious by Ebbets Field Flannels Capをリリースいたします。
エベッツらしさを残しつつ、オリジナル感を大切に作りました。
生地はすべて日本製の生地を米国の工場へ送って縫製して頂きました。
いつもと違うエベッツの雰囲気をお楽しみ下さい。
本日よりOnline Shopもご利用可能です。

para01

Delicious by Ebbets Field Flannels Paraffin Wax Cap

para02

para03

para04
日本製のパラフィン(ロウ引き)加工を施したコットン100%の生地を使用しているため、チョークマークと呼ばれる独特な白いアタリなど付くため、雰囲気も良く、オールド感漂う風合いに仕上がっています。
Capの深さは通常のEFFのモデルと比べ、1.3mm深くし、バックストラップはレザーで真鍮の留め具でサイズ調節を可能にしてたスペシャルなベースボールキャップです。

*チョークマークを消す方法:蝋燭なのでアイロンをかけると溶けて、チョークマークが消えて元に戻ります。
*洗濯方法:基本的にはNG。水洗いの場合は蝋が溶けないのでギリギリOK。石油系のドライクリーニングは蝋を溶かすので絶対にNG。

02

Delicious by Ebbets Field Flannels BITD Herringbone Denim Cap, Delicious by Ebbets Field Flannels BITD Wabash stripe Cap

03

04

日本製のWabash生地とHerringbone Denim生地を使用しているため、雰囲気も良く、何ともいえないオールド感漂う風合いに仕上がっています。洗濯を繰り返すと色落ちしますので、経年変化を楽しむことが出来ます。
Capの深さは通常のEFFのモデルと比べ、1.3mm深くし、アジャスター部分にはゴムを使用した古き良き時代を思い起こさせるベースボールキャップです。
サイズ:フリー(7 3/8 ~7 1/2)

*Wabash(ウォバッシュストライプ)
1910年~1920年代初期頃の生地で、オンスも低く紺地に白のドットで作られたストライプの生地。一説にはアメリカのインディアナ州にあるウォバッシュ川の、川の流れをイメージして作られたという。この生地を使ったワークブランドは様々で、古着市場では最も出にくいアイテムの1つ。

*Herringbone(ヘリンボーン)
その形状からニシン(herring)の骨(bone)という意味をもつ。
形状は、V字形や長方形を縦横に連続して組合せられている