BELAFONTE New Arrival.

2015.11.02 shimiken

今回のPantsもBELAFONTEらしい仕上がりです。

前作のDENIM TROUSERSとはまた違った雰囲気で、もう少しラフに使えるデザインかと思います。

ガシガシ履いて、どんどん味を出しちゃって下さい。

bela-blog01

bela-blog03

bela-blog02
【BELAFONTE RAGTIME CHINO CLOTH TROUSERS (ROD AND GUN PRINTED)】

bela-blog05

bela-blog06

bela-blog07

長年履き込んだ様な風合いが見えるコットン地のチノパンツ。
極太のストレートシルエット、股上の深い仕様でウエストベルト内側にはサスペンダーボタンが付きます。

3色それぞれのフロント左側にはTeeやHatにも用いられている「AMC」のプリントが入ります。
プリントの滲み具合はデザインを主張させ過ぎず、程よいアクセントに。

各ポケットのディテールや、採用されているボタン等は1940年代前後のUS ARMYチノを彷彿させるポイントです。
ただ、ヴィンテージの模作ではなく、僕たち日本人が履きやすい様なサイズバランス。

bela-blog04

【BELAFONTE RAGTIME CHINO CLOTH TROUSERS (AGED)】

プリントの入らない、無地のタイプです。
シルエットは同じなのでよりシンプルな物がお好きな方にはこちらが良いかと思います。

ルーズに履いても良し、ハイウエストで履いてクラシックなStyleでも良し。
裾は折り返しされたダブル仕上げになっていますが、丈詰め等の際にお好みで通常の仕上げに変更しても。
また、裾幅も広めなんで足元はスニーカーでも、ボリュームのあるブーツでも合わせやすいです。

ちなみにBELAFONTEのアイテム名に、「RAGTIME」と表記が入るものは同じコンセプトのシリーズになっています。
ご存知の方も多いかと思いますが、RAGTIMEとは19世紀末から20世紀初頭に掛けてアメリカで流行した音楽の名前です。

その年代の雰囲気や時代背景をデザインのイメージに、アイテム1点ずつ関連付いたコレクションになっています。
それを踏まえて各アイテムを見てもらうと、BELAFONTEの生み出す世界観をより楽しめるんじゃないでしょうか。

Delicious
TEL : 022-398-3533
MAIL : shop@dlcs.jp