Cofefighter / HEEL Tee.

2015.06.16 Satoshi Kumagai

HEELと言えばアブドーラ・ザ・ブッチャー。フォークと言えばアブドーラ・ザ・ブッチャーです。
70年代半ばから80年代半ば過ぎまで活躍したブッチャーは元はカナダ出身のプロレスラーです、全日本プロレスのジャイアント馬場に誘われ活躍したブッチャーはHEELとして最高のプロレスラーでした。
過去には76年の5月1日に日大講堂大会での大木金太郎戦で6分12秒両者リングアウトで終わった後、試合後の乱闘にハーリー・レイスが乱入し、ブッチャーとレイスは街頭まで乱闘を展開、交差点の真ん中でもつれ周辺住民を巻き込み、警察も出動するという事態を起こしている熱いプロレスラーです。
現在はプロレス時代に稼いだお金で地元カナダでブッチャー財団を立ち上げ、地元の小学校、病院、老後施設や孤児院なの建設を行っているみたいです。

このTシャツは過去にも発売したモデルですが当時はザ・シークモデルで釘を持っているTシャツも存在しました。
CFのセンスには過去にも今にもかなり擽られています。

blog-01

blog-02

blog-03

Core Fighter HEEL Tee

アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲がPink FloydのOne of These Daysってのもカッコイイですよね。