HASAMI×RUTSUBO artwork by MHAK BLOCKMUG

2014.12.09 Satoshi Kumagai

blog-01

波佐見は長い間、有田の下請け産地であったため、その名はあまり知られていません。
大量生産を得意とする波佐見焼きは、成形、型起こし、釉薬、窯焼きとそれぞれに作業を発注する分業体制をとっています。
多くの人が連携して関わるこの体制は、新商品の開発に多額の費用と時間がかかること、また各作業工程での意思疎通の問題を抱えています。しかしその反面、各分野の高い技術力と効率的な生産体制を育んできました。
「HASAMI」は分業の垣根をこえ、産地としての誇りを胸に、”道具”としての陶磁器を作ります。
使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。

デザインはMHAK as Masahiro Akutagawa 1981年会津若松生まれ。
「EVERY DAY IS A NEW DAY」と描かれ、「このマグカップから毎日を始めよう!」というメッセージが込められています。