BCTION artist interview YU SUDA.

2014.11.12 Hiroyuki Sano

ダースーありがとう。

【BCTION】

ABOUT
70組以上の様々なジャンルの若手気鋭アーティストと賛同者達がDIY精神のもと、都心の取り壊しが決定したビル1棟を美術館として再利用。ビルの床や壁、全てを使用し、思い思いの芸術を表現し、都市のデッドスペースに新たな価値付けをします。
 
BCTIONとは
一つのアクション「A」が次のアクション「B」を促すようなクリエイティブが連鎖して膨らんでいく様子のことを「ACTION」×「ACTION」=“BCTION”と表しています。
 
 
BCTION背景
2011年の大震災と2020年の国際的スポーツの祭典、東京が生まれかわろうとする狭間で私達は生きています。これからの数年間、オリンピックや耐震対策などの理由で多くの建物が壊されていくのではないでしょうか。私達は都市のデッドスペースである取り壊し予定のビルをアート空間として再利用することによって、アーティストが社会に積極的に関与できるチャンスを広げ、表現の場を増やし、さらにはアートマーケットを拡大できると考えます。また、世界中の都市、特に経済成長著しい東南アジアの諸都市でも同様のプロジェクトが生まれ、新たなムーブメントとして定着すればと願い、BCTIONを開催します。