LIVE IN LEVIS.

2014.08.05 Hiroyuki Sano

スクリーンショット 2014-08-05 10.16.42
MHAKどうもねー!

MHAK( Masahiko Akutagawa)は東京在住のペインター。
彼のスタイルは、デザイナーズ家具や内容に多大な影響を受け、絵画をインテリアの一部と捉え「生活空間との共存」をテーマにしている。これまにも様々な場所で作品を発表しているが、彼が最も誇りにしている現在の作品は、自身の故郷でもある福島県 “湯野上温泉駅”でのプラットフォームの壁画の改修プロジェクト。MHAKは自分が生まれ育った故郷に、自らの作品で貢献できる機会を与えられたことを光栄に思っている。
コンセプトは、会津若松を彩る美しい四季の表情からインスピレーション得ている。穿き込みリペアが繰り返されたビンテージ 501®を愛用。
いつの日かこれを自分の息子にへ受け継がせたいと思っている。彼は、東京のクリエイティブシーンの一線にいるだけではなく、地元の功労者でもある。
これがMHAKのLive In Levi’s®