UXA 2005- 2008 Dead Stock T-Shirt in Stock.

2011.02.17 Hiroyuki Sano

NYCの最も影響力のあるライダーたちにより創設されたUXAは2000年に実験的なプロジェクトとして始まりました。それ以来、このブランドは「ニューヨークのモーションスポーツカンパニー」として名をはせてきました。伝説的なインナーシティーのスケートボーディングの歴史を受け継ぎながらもJefferson Pang、Peter BiciとPeter Huynhは創設当初からさまざまな新しい、切れ味鋭いアイディアでストリート/スケート界の限界をぶち破り続けています。
Jefferson PangはShut、Under-world Element、CreamとZoo Yorkに所属していたNYC初のプロライダーです。3人が80年代後半に初めて出会ったBrooklyn BanksでスケートするJeffersonの姿が1993年のThrasher magazineの表紙に載りました。Pangはニューヨークシティーの暗くて荒いスケートボーディングにヒップホップレジェンドたちのフリースタイルを合わせた、Zoo Yorkの有名なビデオ、「Mix Tape」のオープニングにフィーチャーされました。その後、PangはZoo Yorkのチーム/マーケティングマネージャーになり、Fuel TVの「Skate Maps」の制作と司会も務めていました。現在、JeffersonはNYCのスケートボードの象徴と推進者でもあり, DC Skateboarding Brandマネージャーとして働いています。
Peter Biciも同じく、Think と後にZoo Yorkに所属したプロライダーで、伝説的なビデオの「Mix Tape」にも出演しています。また、Biciは世界中で知られているスケートショップの「Supreme」の看板でもありました。SoHoのストリートをスケートしていた時、スーパーモデルのKate Mossと一緒にCalvin Klein jeansのモデルとして抜擢されました。現在彼はマンハッタンのLower East SideにあるFort Pitt のFDNYのメンバーです。
3人目の創設者でもある、クリエーティブディレクターはPeter Huynh。90年代半ば、彼はUnderworld Element、Dogtownに、そして後にChristian HosoiのMilk Skateboardsのためにスケートしました。1995年、BFA取得のためにParsons School of Designに通っていた時、HuynhはCream skateboardsでNYCスケートシーンを塗り替えました。構成主義、アバンギャルド、ヒップホップカルチャーに強く影響されたそのビジュアルは、それまでの型にはまった「スケートスタイル」グラフィックから抜け出しました。今日のスケートボードグッズのビジュアルはCreamの影響が見られます。HuynhのデザインはNike SBやDQM(ニューヨーク)、Hufの「H」(サンフランシスコ)ロゴのブランディング、そしてIncaseのPaul Rodgriguezの「PR」にまで及んでいます。
現在、UXAはコア且つ多様性のあるアート、デザイン、そしてHuf、DQM、aNYthing、Diamond Supply Co.とFucking Awesomeなどの影響力のあるブランドとのコラボレーションを含む、最高級のNew Yorkスケートボードライフスタイルグッズやアパレルを提供しています。